家族葬に小さなお葬式のプランは料金面でベスト?費用の相場感を知りたい方必見

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

小さなお葬式で家族葬小さなお葬式

はじめに家族葬が人気の理由

家族葬とは、親族や親しい知人だけで行う小規模な葬儀のことです。最近では家族葬を選択する方が増えており、その理由は以下の通りです。

  • 参列者が少ないので、故人との時間をゆっくり過ごせる
  • 参列者への対応が軽減される
  • 費用を抑えられる
  • 故人の遺志に沿える
  • 親族だけで密かに挙行したい場合に向いている

家族葬のメリットは、参列者が限定されることで、故人との別れの時間を大切に過ごせることです。一般葬のように多くの参列者への対応に追われることがないため、故人への思いをゆっくりと送ることができます。

また、参列者が少ない分、料理のふるまいや返礼品、会葬礼状の必要枚数が減るので、費用を抑えることも可能です。予算に合わせて葬儀を手配できるため、経済的な理由で家族葬を選ぶ方も多いのです。

さらに、故人の遺志通りに静かに葬儀を執り行いたい場合にも家族葬は向いています。一般葬とは異なり、知人や地域の方々に広く告知する必要がないので、故人や遺族のプライバシーを保つことができるのです。

家族葬のデメリットとしては、参列者が限定されることで知らせ忘れが発生しやすいことや、親族からの理解が得られない可能性があることなどがあります。しかし、事前に家族間で十分に話し合い、故人の想いに寄り添った葬儀を心がけることで、円滑に執り行うことができるでしょう。

小さなお葬式での家族葬:一体何が違うのか?

小さなお葬式の家族葬は、一般的な家族葬と以下の点で異なります。

小さなお葬式の家族葬プランの概要

・プラン名: 小さな家族葬
・プラン価格: 43.8万円(税込)※事前相談割引価格
・対象人数: 10名~30名程度
・日程: 2日間(通夜式・告別式)

一般的な家族葬との違い

  1. プラン価格が安い

小さなお葬式の家族葬プランは、一般的な家族葬の平均的なプラン価格50万円と比べて約6万円安い設定となっています。

  1. 式場使用料が高めに設定

小さな家族葬プランでは、式場使用料が最大10万円まで含まれています。一般的には5万円程度なので、2倍の設定となっていて、式場の選択肢が広いのが特徴です。

  1. 生前申込で割引が大きい

小さな家族葬プランは、生前申込すると最大11万円の割引が受けられます。一般的な家族葬プランの割引額3万円と比べても大幅に割引率が高いです。

  1. プランに含まれるものが充実

ドライアイスの日数が4日分、搬送距離が各50km、仏具一式、運営スタッフなど、一般的な家族葬プランと変わらない充実した内容が用意されています。

このように、小さなお葬式の家族葬は、価格の安さと割引制度の充実度で一般的な家族葬と差別化が図られています。適正な価格で質の高いサービスを受けたい場合におすすめです。

家族葬の流れ:小さなお葬式でどう進行するのか

小さなお葬式の家族葬では、以下のような流れで葬儀が進行します。

1.ご依頼

  • 小さなお葬式に電話でご依頼をします。24時間365日受付しています。

2.ご搬送

  • ご逝去場所から安置場所(自宅またはお預かり先)まで搬送します。50kmまでが標準です。

3.ご安置

  • 自宅またはお預かり先で最大4日間まで安置します。
  • ドライアイスを4日分用意します。

4.お打合せ

  • 式の日程やプラン内容を確認します。
  • 僧侶の手配をします。

5.参列者への連絡

  • 参列者に対して葬儀の日時や場所を連絡します。

6.納棺

  • 翌日に納棺を行い、式場まで搬送します。
  • 化粧納棺や湯灌納棺もオプションで可能。

7.通夜式

  • 通夜式を行い、翌日の告別式まで過ごします。

8.告別式

  • 告別式を行います。お花を添えて出棺します。

9.火葬

  • 火葬を行い、骨壷に納めます。

10.お支払い

  • 葬儀費用のお支払いをします。

以上が、小さなお葬式における家族葬の標準的な流れです。ご自宅での通夜式はないため、手間が省けます。参列者も家族中心となるので、ゆっくりお別れができるでしょう。小さなお葬式なら、家族葬を安心して依頼できます。

小さなお葬式の家族葬プランの特徴

  • 小さなお葬式の家族葬プランは「小さな家族葬」と呼ばれています。
  • 価格は税込み43万8900円です(資料請求割引適用時)。
  • 10名程度の少人数で通夜式・告別式を行うプランです。
  • 火葬料金は含まれていませんが、葬儀に必要なアイテムがセットになっています。

費用の内訳

  • 式場使用料:10万円分が含まれる
  • 搬送距離:安置場所まで、告別式場まで各50kmまで
  • ドライアイス:4日分
  • 枕飾り、線香、棺、布団、仏衣一式、白木位牌
  • 生花祭壇(幅2m2段)
  • 受付セット、焼香セット、遺影写真2枚
  • 会葬礼状60枚分
  • 運営スタッフ、司会スタッフ
  • 火葬場までの搬送50kmまで
  • 骨壷、骨箱、自宅飾り一式

メリット

  • セットプランなので必要なものがまとめて手配できる
  • 式場使用料10万円が含まれるので施設選びが広い
  • 生前申込で最大11万円の割引がある

デメリット

  • 火葬料金が含まれていない
  • 提携していない施設の場合は利用できない
  • 追加オプションを使うと費用が嵩む

小さなお葬式の家族葬プランは、必要なアイテムがセットになっているので安心です。火葬料金が別途必要な点に注意が必要ですが、セット内容が明確なため予算も立てやすいプランといえます。生前申込で割引制度もあるので、費用を抑えたい方におすすめです。

小さなお葬式の評判と口コミ

・ 小さなお葬式は2009年からサービスを開始し、口コミサイトでは5つ星評価が4つ以上と高評価

利用者からの評価のポイントは次のとおり

  • 料金が安い、割安感がある
  • 全国の葬儀場を利用できるため選択肢が広い
  • 事前申込で割引があるなどお得感がある
  • スタッフの対応が丁寧で安心感がある

一方で次のような課題点もある

  • 地域によっては提携していない葬儀場もある
  • 予定していた葬儀場が利用できないケースがある
  • 追加料金が発生しやすい

・ 料金を抑えて葬儀を行いたい人におすすめ

・ 都心部在住の人に選択肢が広がるメリットが大きい

・ 事前申込割引を活用すれば更にお得感が高まる

・ スタッフの対応次第で安心感が得られるが、追加料金には注意が必要

・ 地方在住の人は提携葬儀場がない可能性もあるため事前確認が必要

このように、小さなお葬式の評判は割安感や安心感が高い反面、地域性や追加料金への注意点があることが分かります。低料金での葬儀を優先する人にはメリットが大きいサービスといえそうです。

「小さなお葬式」vs「よりそうお葬式」vs「やさしいお葬式」:家族葬サービスを徹底比較

最近は家族葬を選択する方が増えています。しかし、「小さなお葬式」「よりそうお葬式」「やさしいお葬式」の3社は料金形態やサービスが似通っているため、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この3社の家族葬サービスを徹底的に比較します。費用はもちろん、提供されるサービスの内容や口コミなどもチェックし、メリット・デメリットを整理します。

「小さなお葬式」の特徴

  • 2009年設立の大手葬儀仲介業者
  • 料金は業界平均より安い設定
  • 早期申し込みで最大11万円割引
  • 都心部在住者におすすめ

「よりそうお葬式」の特徴

  • 2009年設立の大手葬儀仲介業者
  • 業界最安値の料金設定
  • シンプルな葬儀に向いている
  • 早期申し込みで最大12万円割引

「やさしいお葬式」の特徴

  • 2019年設立の葬儀社
  • 業界最安値の料金設定
  • アフターフォローが充実
  • 24時間365日受付

●料金比較

  • 家族葬の平均料金は「小さな」「やさしい」が同額で「よりそう」がやや安い

●サービス比較

  • 「小さな」は生花サービスが標準で付いている
  • 「よりそう」は最低限のサービスになりがち
  • 「やさしい」はアフターフォローが手厚い

●口コミ比較

  • 「小さな」は実績・信頼感が高い評価
  • 「よりそう」は低料金に関する評価が高い
  • 「やさしい」はスタッフの対応への評価が高い

以上のように、3社とも長所短所があるため、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことをおすすめします。葬儀社選びは慌てずに、内容をしっかり確認しましょう。

家族葬以外のプラン:「小さなお別れ葬」について

小さなお葬式の家族葬以外のプランに「小さなお別れ葬」があります。これは火葬のみを行う低料金のプランです。

  • 小さなお別れ葬の概要

・プラン名: 小さなお別れ葬
・プラン価格: 86,900円(税込)※事前相談割引価格
・対象人数: 1~5名程度
・日程: 火葬のみ

  • 小さなお別れ葬の特徴
  1. 火葬のみを行うシンプルなプラン

通夜も告別式も行わず、火葬の手配のみを行う簡易プランです。

  1. プラン価格が極めて安い

小さなお別れ葬は小さなお葬式の中で最も低料金のプランとなっています。

  1. 必要最低限のものがセットになっている

棺・骨壷・仏衣・納棺・火葬手続き代行など、火葬に必要なものはセットで用意されます。

このように、小さなお別れ葬は費用を大幅に抑えたシンプルな火葬プランです。経済的理由で通夜や告別式を諦めざるを得ない場合に適しています。

一般的な家族葬の流れ – 式場の手配から当日の流れまで

家族葬を行う際、式場の手配から当日の流れまで、準備することがたくさんあります。ここでは、家族葬の流れを時系列で詳しく見ていきましょう。

  1. 式場の手配
  • 家族葬専用の小さなホールを手配する。30人程度までの小規模な式場がおすすめ。
  • 式場との打ち合わせを行い、利用時間や備品の確認をする。
  1. 喪主服・参列者の服装の準備
  • 喪主は無地の黒の礼服にする。参列者はなるべく黒で統一する。
  1. 葬儀社との打ち合わせ
  • プラン選択、お棺選び、music選び等、具体的な内容を決める。
  1. 葬儀当日の流れ

1受付開始
2開会宣言
3司会者挨拶
4読経
5弔辞(喪主挨拶)
6献花
7黙とう
8経文奉読
9読経
10閉会宣言

  1. お別れの時間
  • 通夜を行わないので、告別式場でできる限りゆっくり過ごす。
  1. 火葬、納骨
  • 告別式後に火葬を行い、遺骨を納骨する。

このように、家族葬の流れは式場選びから当日の流れ、その後の火葬・納骨と、確認しておくべきことはたくさんあります。事前にしっかり準備を進めることで、当日を迎えられるはずです。

一般的な家族葬の費用の目安

  • 家族葬の費用は平均100万円前後です。
  • 費用の内訳は以下の3つです。
  1. 葬儀一式費用: 棺、祭壇、式場料、火葬料など
  2. 飲食費: 通夜ぶるまい、精進落とし、返礼品など
  3. 宗教者謝礼: お布施、御車代、御膳料など
  • 香典収入は一般葬に比べて少ないため、負担感が大きい場合も。

家族葬の費用を節約する方法

  • 式場使用料や祭壇の規模を抑える。
  • 通夜を省略し一日葬にする。
  • 飲食の数量や種類を絞り込む。
  • 返礼品を簡素にするか配布を控える。
  • 香典を出す予定の親族に事前に打診する。
  • 生前予約することで割引が受けられる場合がある。
  • 僧侶は定額手配サービスを利用する。

家族葬では一般葬と比べて費用負担が大きくなることがあるため、費用の内訳を確認し、必要最低限のものに絞ることで節約できます。生前からの準備が重要です。

一般的な家族葬の準備に必要なもの

  1. 葬儀社の選定と手配
  • 実績と料金を確認し、家族葬に対応できる葬儀社を選ぶ
  1. 葬儀・告別式の日程調整
  • 会場と日程を確保する
  1. 参列者への連絡
  • 参列を希望する親族や関係者に日程を通知
  1. 祭壇用写真の準備
  • 故人の遺影写真が必要
  1. 香典返しの準備
  • 返礼品等を用意する

家族葬の手配のポイント

  1. 故人の遺志を確認する
  • 故人がどのような葬儀を望んでいたか事前に確認
  1. 家族間の合意を得る
  • 葬儀の形態で家族の意見が分かれないよう調整
  1. 参列者の範囲を決める
  • 親族中心か、知人を含むか範囲を検討
  1. 費用を事前に確認する
  • 追加料金が発生しないよう内容を確認
  1. 葬儀後の供養についても検討
  • 位牌や墓所などの相談もできる葬儀社が良い

家族葬の準備では、遺志を重視し、家族の円滑な合意形成を図り、費用面も含めて細部に配慮が必要です。優良な葬儀社を選ぶことで、安心して準備を進めることができるでしょう。

家族葬を計画する際のポイント

家族葬を計画する際には、以下のポイントを押さえておくことをおすすめします。

参列者の範囲を決める
家族葬の参列者は親族を中心としますが、範囲は可能な限り早めに決めておきましょう。抜け落ちがないようにリスト化することをおすすめします。

親族の了承を得る
家族葬を選択する場合は、可能な限り親族の了承を取っておきましょう。特に遺族の配偶者や子供からの理解は重要です。

故人の遺志を確認する
故人が家族葬を望んでいた場合は、その遺志を尊重することが大切です。遺書等がある場合は事前に確認しておきましょう。

費用を事前に確認する
家族葬であっても予算 Override にならないよう、事前に費用を確認しておきましょう。火葬料金も含めて算出することが重要です。

信頼のおける葬儀社を選ぶ
思い通りの家族葬をしてもらうには、実績と信頼のある葬儀社に依頼することが不可欠です。口コミや事前相談で判断しましょう。

飲食・返礼品の有無を検討する
家族葬の場合でも、通夜食や返礼品の必要性を考えておきましょう。親族の人数に応じて検討します。

通夜の必要性を判断する
通夜を省略して一日葬にするか、通夜を設けるかも検討課題です。親族の意見を聞きながら判断しましょう。

僧侶の手配が必要か確認する
家族葬であっても、僧侶による読経を望む方もいます。必要性について親族と確認しておきましょう。

このように、家族葬の場合も十分な事前準備が重要です。早めの段階から上記のポイントを押さえておけば、思い通りの家族葬を執り行うことができるでしょう。

まとめ

この記事で「小さなお葬式」を詳しく解説しましたが、最終的な選択はあなた自身がしなければなりません。あなたの大切な人を想う気持ち、あなた自身の希望や予算、家族の意見など、多くの要素を考えることが重要です。

「小さなお葬式」はその選択肢の一つとして、あなたや家族に最適なものかどうかを検討してみてください。それがあなたにとっての最善の選択になることもあります。この重要な時期に、どのサービスを選ぶべきか迷っている方は、ぜひ「小さなお葬式」のウェブサイトを訪れて、詳細な情報をご覧になってみてください。

最後に、大事な人を失った痛みは、どのような形でのお別れであれ、誰もが経験する感情です。「小さなお葬式」がその痛みを少しでも和らげ、新たな一歩を踏み出す力となることを願っています。

Q&A

Q
小さなお葬式 家族葬でプライバシーと親密さの重視される?
A

はい、小さなお葬式の家族葬はプライバシーと親密さを重視した形式と言えます。

家族葬は、参列者を家族や親しい友人に限定することで、プライバシーを守りつつ、より親密な雰囲気で故人を偲ぶことができます。「小さなお葬式」はこの概念を基に、故人との繋がりを大切にしたいと考える家族に対して、よりパーソナルな葬儀を提供します。

また、家族間でのコミュニケーションを深めることで、故人への追悼と共に、生き残った家族の絆を強める機会も提供します。

Q
家族葬とはどこまでが家族葬ですか?
A

家族葬とは、親族や親しい友人など親しい関係者のみが出席して執り行う葬儀のことです。参列者は50名未満が一般的とされています。家族葬には明確な定義やルールはなく、遺族の意向によって参列者の範囲や葬儀のスタイルは異なります。

Q
家族葬のお通夜に行ってもいいですか?
A

家族葬のお通夜に参列するかどうかは、ご遺族の意志をくみ取って参列しないようにするのがマナーです。故人の親族であれば基本的にはお通夜、葬儀告別式に参列するべきですが、それ以外の場合は故人との関係を重視してご自身の判断で構いません。

参列する場合は無理のないようにしましょう。家族葬は一般参列する人をお断りするものであり、お通夜・葬儀ともに参列しない方がよいと考えるのが無難です。家族葬はお通夜を行わなくても問題ありません。

Q
家族葬は葬儀のみですか?
A

家族葬は葬儀のみではなく、通夜や告別式、火葬式も行うことができます。家族葬と一般葬の違いは、参列者の人数や親密度、費用などにありますが、葬儀の流れや内容はほぼ同じです。ただし、家族葬では参列者の人数が少ないため、一人ひとりの想いが反映されやすいという特徴があります。

Q
家族葬の服装は身内だけならどうすればいいですか?
A

家族葬の服装は、一般的な葬儀と同じように正喪服や準喪服を着用します。正喪服は喪主や近親者が着用する格式の高い服装で、男性は黒の背広に白いワイシャツと黒いネクタイ、女性は黒のワンピースやスーツに黒いストッキングと靴、黒いバッグなどです。

準喪服は喪主以外の親族や参列者が着用する服装で、男性は黒や紺などの濃い色の背広に白いワイシャツと黒や紺などの濃い色のネクタイ、女性は黒や紺などの濃い色のワンピースやスーツに黒や紺などの濃い色のストッキングと靴、黒や紺などの濃い色のバッグなどです。

身内だけの家族葬でも、葬儀は葬儀ですので、カジュアルな服装は避けるべきです。

Q
小さなお葬式は経済的な配慮はある?
A

い、小さなお葬式では経済的な配慮があると考えられます。

小さなお葬式は業界平均価格よりも安価な料金設定で、早期申し込みで最大11万円の割引を受けられるプランもあります。また生前予約制度もあるため、計画的に費用を抑えることができます。

プラン内容も最小限に絞ることが可能で、追加オプションを使わないことでコストを下げられるのが特徴です。香典収入の減少にも対応できるプラン体系となっているため、経済的負担を軽減したい場合に適していると言えます。

Q
小さなお葬式は、家族や親族の都合や条件をきいてくれる?
A

小さなお葬式では、家族葬プランをはじめとする葬儀プランを用意している。プラン内容はあくまでも基本的なもので、実際の葬儀では家族や親族の都合や条件に合わせて柔軟に対応しています。

例えば、家族の希望する斎場を優先的に提案したり、通夜の有無を相談にのった上で決定したりするなど、家族中心の葬儀を実現するために都合や条件を汲み取ってくれる。口コミでも丁寧な対応が評価されています。

Q
故人の遺志や人となりへの配慮はある?
A

故人の遺志や人となりへの配慮はあると考えます。

遺族の要望を丁寧に聞き取り、故人の人となりに合ったお葬式を提案してくれます。プラン内容は事前に詳細に確認でき、追加料金も明確化されているので、予算超過によるトラブルは起きにくいです。

遺族へのサポート体制もしっかりしていて、葬儀の手配を任せられる実績とノウハウがあります。24時間365日の相談窓口も用意されています。

スタッフの対応への評価も高く、故人への思いやりが感じられる優しい葬儀を執り行ってくれると口コミで言われています。

プランに応じて、戒名を付けたり参列者を招待したりと、故人の人生を偲ぶ演出ができるのも魅力的です。

Q
小さなお葬式はストレスや時間の管理はできてる?
A

小さなお葬式はストレスや時間の管理が上手くできていると思われます。

理由としては、24時間365日のフルサポート体制を整えていることです。お客様からの葬儀の依頼は突発的に入ることが多く、夜間や休日に連絡が入った場合でも対応できる体制が整っていることで、ストレスなく業務に専念できる環境があると考えられます。

もう一つの理由は、コールセンターが機能していることです。お客様からの問い合わせに専門のスタッフが分担して対応しているため、個々のスタッフの業務負荷が適正に管理されていると思われます。

Q
小さなお葬式は社会的な関係性への考慮はある?
A

小さなお葬式は社会的な関係性への考慮があるといえます。

小さなお葬式の家族葬プランは、親族や近親者を中心とした葬儀形式ですが、葬儀後の社会的な関係性への配慮も示唆されています。

例えば、小さなお葬式の家族葬プランの説明ページでは、「仕事関係者や近所の方などの儀礼的な弔問がない」と述べられています。これは、家族葬では社会的な関係性をある程度制限することを想定していることを示しています。

一方で、プランのメリットとして「葬儀後にご不幸を知った方への対応に時間を要する」と述べられていることから、社会的な関係性への配慮はある程度考慮されていると考えられます。

Q
小さなお葬式は無宗教で行える?
A

はい、小さなお葬式では無宗教の葬儀を行うことができます。

小さなお葬式では仏式や神式だけでなく、キリスト教式や友人葬など、無宗教の葬儀にも対応しています。プランには読経や法事は含まれていませんが、希望に応じて別途追加することが可能です。喪主の信条や思想に合わせた様々なスタイルの葬儀が選択できるため、無宗教の葬儀も実現できると言えます。

Q
小さなお葬式はサービスの細かなカスタマイズを希望できる?
A

小さなお葬式では、ある程度のカスタマイズは可能ですが、細かなカスタマイズは難しいと考えられます。

小さなお葬式は、基本プランがあり、そこからある程度のカスタマイズが可能です。例えば、自宅安置かお預かり安置を選べたり、通夜の有無を選べたりします。しかし、細かなカスタマイズは難しく、プラン外のオプションを追加する形になります。口コミでも、プランから外れると追加料金が発生するケースがあると指摘されています。

タイトルとURLをコピーしました