小さなお葬式の落とし穴に注意!メリットとデメリットをチェックする

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

小さなお葬式メリットとデメリット小さなお葬式

小さなお葬式の種類と特徴

小さなお葬式とは、株式会社ユニクエストという会社が運営する、家族や親しい友人だけで行うシンプルなお別れの儀式のサービスです。小さなお葬式は、一般的なお葬式に比べて、費用が安く抑えられる、本当に大切な人とゆっくりお別れできる、自由度が高く、オリジナリティのあるお葬式ができるというメリットがあります。しかし、小さなお葬式にも、デメリットもあります。この記事では、小さなお葬式とはどのようなサービスか、メリット、デメリットを詳しくご紹介します。

「小さなお葬式」のサービス内容 価格とプラン

「小さなお葬式」では、葬儀・家族葬から納骨、法要まで、様々なニーズに対応したサービスを提供しています。また、24時間365日対応のコールスタッフがいるため、いつでも相談することが可能です。

「小さなお葬式」は全国に4,000以上の提携式場を持ち、広範囲なエリアで葬儀が行えます。

「小さなお葬式」の大きな特徴の一つは、その明確で低価格な葬儀プランです。以下にその主なプランと価格を示します。

プラン名セット価格(税抜)人数の目安葬儀の流れ
仏具を省き費用を最小限に79,000円1~5名程度式を行わず火葬のみ
告別式のみを一日で299,000円5名程度~通夜・告別式を少人数で
一般的な葬儀を低価格で599,000円30名以上一般的な葬儀
※各プラン表示価格は事前相談・資料請求割引価格です。

口コミを調査してわかった小さなお葬式のデメリット

1.参列者の選択に悩む

小さなお葬式のデメリットの一つは、参列者の選択に悩むことです。小さなお葬式は、参列者の数を10人以下に限定することが多いです。しかし、故人と親しかった人や、故人に恩義がある人が多い場合、誰を招待するか、誰に断るかを決めるのは難しいです。また、参列者によっては、小さなお葬式に招待されなかったことに不満や不安を感じることもあります。小さなお葬式をする場合は、参列者の選択には十分な配慮が必要です。

参列者の選択に悩む場合には、以下のような方法があります。

対処法

  • 故人の遺志や家族の希望を優先する
  • 参列者に事情を説明し、理解を求める
  • 参列者に感謝の気持ちを伝える
  • 参列者に後でお別れ会や法要に招待する

2.後でお別れ会や法要をする場合がある

小さなお葬式のデメリットのもう一つは、後でお別れ会や法要をする場合があることです。小さなお葬式は、家族や親しい友人だけで行うため、故人と関わりのあった人や、故人に対する敬意を表したい人が多い場合、小さなお葬式だけでは不十分です。その場合、後日、お別れ会や法要を開催することで、故人に対する感謝や哀悼の気持ちを伝えることができます。しかし、お別れ会や法要をするとなると、以下のような問題があります。

  • 費用がかかる
  • 時間や場所の調整が大変
  • 参列者の出欠や人数の管理が面倒

小さなお葬式をする場合は、後でお別れ会や法要をすることを考慮する必要があります。

お別れ会や法要をする場合には、以下のような方法があります。

対処法

  • 葬儀社に相談し、プランや費用を決める
  • 参列者に日程や場所を事前に連絡する
  • 参列者に出欠や人数を確認する
  • 参列者に感謝の気持ちを伝える

3.オプションの追加料金

「小さなお葬式」の基本プランはシンプルで費用も抑えられますが、追加のオプションを利用すると料金が上がる可能性があります。

対処法
事前に必要なオプションを確認し、その料金を予算に含めておくことです。また、オプションが本当に必要かどうかを慎重に検討しましょう。

4.地域によるサービスの差

全国展開している「小さなお葬式」ですが、地域によって提供できるサービス内容に差が出ることがあります。特に地方では、都市部と比較してサービスの充実度が劣る場合があります。

対処法
事前にお住まいの地域で利用可能なサービス内容を詳しく調査し、必要なら他の葬儀会社と比較検討することが重要です。

5.パーソナルな対応に限りがある

「小さなお葬式」は、そのシンプルさゆえに、個々の家庭の特別な要望に対応するのが難しい場合があります。

対処法
特別な要望がある場合は事前に相談してみましょう。また、柔軟性を求める場合は、地元の葬儀社や、パーソナルな対応が得意な葬儀社を検討するのも一つの選択肢です。

6.直接的なサポートが限られる

「小さなお葬式」は、基本的にはネット上での手続きとなります。そのため、直接的な対面サポートが限られ、特に高齢者にとっては利用が難しい場合があります。

対処法
事前にサポート体制を確認し、必要であれば家族や知人に手伝ってもらうなどの対策を立てましょう。

口コミを調査してわかった小さなお葬式のメリット

小さなお葬式には以下の5つの大きなメリットがあります。

メリット内容
シンプルなお葬式ができる深夜葬儀などの少人数向けプランがある
安い費用でできる大手葬儀社に比べて葬儀費用を抑えられる
定額のセットプランがある形式や内容を迷わずに済む
大切な人とゆっくりお別れできる多くの参列者に気を遣ったり、時間に追われたりすることがない
サポートダイヤルが充実24時間365日のサポート体制がある

1. シンプルなお葬式ができる

小さなお葬式には、深夜葬儀や少人数向けのお葬式プランが揃っています。例えば、小さなお別れ葬では仏具を使わずに最低限の費用で済ますことができます。宗教色のないお葬式を希望する人にもおすすめです。

小さなお葬式で自由度が高く、オリジナリティのあるお葬式をするためには、以下のような方法があります

  • 故人の遺志や家族の希望を伝える
  • 参列者とのコミュニケーションをとる
  • 葬儀社に相談する

2. 安い費用でできる

小さなお葬式の費用は、大手葬儀社の半額程度と割安です。例えば小さな一般葬儀は60万円程度で利用できます。費用を抑えたい人に向いています。費用を節約したい場合や、亡くなった方の遺志に沿って贅沢をしないお葬式をしたい場合には、小さなお葬式がおすすめです。

小さなお葬式の費用が安い理由は、以下のような点があります。

  • 参列者が少ないため、会場や食事、お布施などの費用が安くなる
  • お葬式の内容や形式が自由に選べるため、必要なものだけを用意できる
  • 葬儀社のスタッフが最小限になるため、人件費が安くなる

小さなお葬式の費用をさらに抑えるためには、以下のような方法があります。

  • 葬儀社のプランやオプションを比較する
  • 葬儀社に交渉する
  • 葬儀保険や生命保険を利用する
  • 葬儀費用の助成金や補助金を申請する

3. 定額のセットプランがある

小さなお葬式には、プランに応じた定額のセット料金が用意されています。迷わずに済むのがメリットです。

4.大切な人とゆっくりお別れできる

一般的なお葬式では、多くの参列者に気を遣ったり、時間に追われたりすることがありますが、小さなお葬式では、そういった心配がありません。亡くなった方の思い出を語ったり、写真やビデオを見たり、感謝の気持ちを伝えたりすることができます 。小さなお葬式は、故人との絆を深める機会になります。

  • 参列者が家族や親しい友人だけであるため、気兼ねなく話せる
  • 会場が火葬場や葬儀場の小さな斎場であるため、プライベートな空間を確保できる
  • お葬式の内容や形式が自由に選べるため、故人の趣味や好きなものを取り入れられる

5. サポートダイヤルが充実

小さなお葬式には、24時間365日対応のサポートダイヤルがあります。お葬式の手配でわからないことがあればいつでも電話できるので安心です。

小さなお葬式が、向いている人

高齢者のお葬式を考えている人
高齢の方のお葬式では、知人が少ないので大がかりな葬儀は不要。小さな家族葬プランが向いています。

家族のみでお葬式を済ませたい人
親しい人だけで進行する小さなお葬式は、故人との個人的な思い出を共有したり、深い感謝の意を表すのに適しています。大勢の人々を前にした公的な葬儀よりも、より個人的で親密な雰囲気を望む人に適しています。小規模の家族葬プランがあるので、家族のみで静かにお別れしたい人に向いています。

シンプルなお葬式を希望している人
小さなお葬式は、参列者を限定することで、葬儀全体の費用を大幅に削減することができます。そのため、経済的な観点から葬儀費用を抑えたいと考えている人に適しています。小さなお葬式は、通夜を省略した一日葬や告別式を行わない火葬式等のシンプルなプランが豊富です。手間とコストを抑えたい人にオススメ。

費用を抑えたい人
小さなお葬式の費用は安価です。参列者を限定することで、葬儀全体の費用を大幅に削減することができます。そのため、経済的な観点から葬儀費用を抑えたいと考えている人に適しています。

葬儀の準備に時間をかけられない人
小さなお葬式は、参列者の数が少ないため、葬儀の準備や後片付けが比較的簡単です。そのため、時間的な制約がある人にも適しています。

本当に大切な人とゆっくりお別れしたい人
小さなお葬式は、家族や親しい友人だけで行うため、本当に大切な人とゆっくりお別れすることができます。亡くなった方の思い出を語ったり、写真やビデオを見たり、感謝の気持ちを伝えたりすることができます 。本当に大切な人とゆっくりお別れしたい人にとって、小さなお葬式は、故人との絆を深めることができます。

小さなお葬式が、向いていない人

多くの人に故人を偲んでもらいたい人
故人の交友関係が広く、多くの人々に故人を偲んでもらいたいと望む場合、小さなお葬式は適していません。多くの人々を招待するためには、より大規模な葬儀が必要となります。

伝統的な葬儀を望む人
小さなお葬式は、一般的には伝統的な葬儀の形式を持っていません。そのため、伝統的な葬儀の形式を重視する人には、小さなお葬式は適していません。

社会的な配慮を求める人
親族だけの参列となる小さなお葬式では、社会的な見地からの配慮がない場合があります。つまり、故人の地位や名誉を社会的な視点で評価したい、または公的な葬儀を行いたい人には、小さなお葬式は適していません。

小さなお葬式を選ぶ際のポイント

小さなお葬式を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてください。

故人の遺志を尊重する

小さなお葬式を選ぶ際には、まず、故人の遺志を尊重することが大切です。故人が生前に小さなお葬式を希望していた場合や、遺書や生前契約などで小さなお葬式を指定していた場合は、その意思に沿ってお葬式を行うことが望ましいです。故人の遺志が不明な場合は、故人の性格や価値観を考えて、小さなお葬式がふさわしいかどうかを判断することが必要です。

参列者とのコミュニケーションをとる

小さなお葬式を選ぶ際のもう一つのポイントは、参列者とのコミュニケーションをとることです。参列者には、小さなお葬式をする理由や目的、日時や場所、服装や持ち物などを事前に伝えることが必要です。また、参列者の意見や要望も聞くことが必要です。参列者とのコミュニケーションをとることで、小さなお葬式を円滑に進めることができます。

費用明細の透明性

葬儀社が葬儀費用の明細を透明に提供しているかどうかです。葬儀費用には多くの項目が含まれているため、各項目の費用が明確になっていないと、後で予想外の費用が発生する可能性があります。

担当者の対応 事前相談の可否

。葬儀は感情的に困難な時期に行われるものなので、敬意と理解をもって対応してくれる担当者がいるかどうかを確認することが重要です。

事前に葬儀について相談できるかどうかを確認しておくと良いでしょう。このサービスを提供している葬儀社は、通常、顧客のニーズを理解することに注力しています。

信頼性と評判

葬儀は感情的に困難な時期に行われるものなので、敬意と理解をもって対応してくれる担当者がいるかどうかを確認することが重要です。

まとめ

利用を検討する際は、費用対効果だけでなく、遺族の気持ちに配慮し、故人の人生を振り返る機会が得られるかどうかを考慮することが大切です。

「小さなお葬式」は、故人を偲び、家族や親しい人々との絆を深める機会を提供します。しかし、その特性上、大規模な葬儀や豪華なサービスを希望する方には不向きかもしれません。このように、メリットとデメリットを理解した上で、「小さなお葬式」が自分のニーズに合っているかどうかを検討してみてください。

Q&A

Q
小さなお葬式が安い理由は何ですか?
A

小さなお葬式が安い理由は、規模が小さいため必要なサービスや資材が少なく、それに伴い費用も抑えられるからです。
葬儀の規模を小さくすることで、会場費や飲食費、供花などの費用を抑えることができます。
葬儀に必要な物品やサービスをセットプランにして、明瞭会計で提供することで、追加料金や余分な費用をかけないことができます。
葬儀後の納骨や手元供養などのオプションも、低価格で多様な選択肢を用意することで、お客様のニーズに合わせた費用対策をすることができます。

Q
小さなお葬式は結局いくらですか?
A

葬儀の種類や規模、地域などによって異なりますが、一般的には以下のような相場になります。
直葬(火葬のみ):約8万円~
一日葬(通夜を省略した葬儀):約15万円~
家族葬(親族や親しい友人のみで行う葬儀):約30万円~
一般葬(通夜式・告別式を行う葬儀):約60万円~
小さなお葬式の費用は、サービスの規模、葬儀社の料金、選択される棺の種類などによります。また、地域によっても価格は異なります。
小さなお葬式であれば、これらの要素が抑えられるため、費用も相対的に少なくなります。ただし、それでも必要なサービスや資材の選択によっては、費用が上昇する可能性もあります。

Q
小さなお葬式の特徴は?
A

小さなお葬式の特徴は、規模が小さく参列者が限られている、費用が比較的抑えられる、そして、より個人的で親密な雰囲気があることです。
小さなお葬式は、一般的に家族や親しい友人など、限られた参列者のみが出席します。これにより、費用が抑えられるだけでなく、より親しい人々と共に故人を偲ぶ時間を持つことができます。また、規模が小さいため、細部に至るまで配慮した準備が可能となり、故人を偲ぶ形式をより自由に、また個別に設定することができます。

Q
直葬のメリットとデメリットは?
A

直葬のメリットは費用が大幅に抑えられ、手続きが簡素化されることです。デメリットは、大勢の人々と故人を偲ぶ機会が限定的になること、そして一部の人々にとっては故人への敬意が足りないと感じられる可能性があることです。
メリット
葬儀の費用を最低限に抑えることができます。
遺族の体力的・精神的な負担を少なくすることができます。
故人の生前の希望に沿って、質素な葬儀を行うことができます。
デメリット
親族や友人からの理解や協力を得られない場合があります。
葬儀に参列できなかった方への対応が必要になる場合があります。
故人を見送った実感や慰めを得られない場合があります。

Q
一番安いお葬式は?
A

番安いお葬式は、直葬(火葬のみ)です。直葬は、通夜式や葬儀告別式を行わず、直接火葬に進む葬儀のことです。直葬の費用は、約8万円~となっています。
一般的に、お葬式の費用は参列者の数、儀式の規模、提供するサービスの量などによって大きく変わります。そのため、参列者を家族だけに限定し、儀式を火葬のみにするなどして規模を最小限に抑えると、費用も大幅に削減できます。しかし、このような形式は故人との別れをきちんと告げたいと考える人々からは必ずしも好評ではないかもしれません。

Q
小さなお葬式の散骨費用はいくらですか?
A

小さなお葬式の散骨費用は、散骨の種類や規模、地域などによって異なりますが、一般的には以下のような相場になります。

個別散骨(1組だけで船をチャーターする散骨):約15万円~40万円
合同散骨(2~3組で船をチャーターし、一緒に散骨を行う散骨):約10万円~20万円
委託(代行)散骨(散骨業者に委託して散骨を行う散骨):約2.5万円~10万円
散骨費用には、粉骨費用や船賃、散骨証明書などが含まれます。また、散骨の場所によっては、火葬料金や港湾施設使用料などが別途かかる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました