家族葬 義理の兄弟の参列の判断基準とマナーを徹底解説! 

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

家族葬の基礎知識

家族葬に義理の兄弟を呼ぶべきかどうか、悩んでいませんか?義理の兄弟は親族として参列するのが常識と思われがちですが、実はそうとも限りません。義理の兄弟との関係や葬儀の形式によっては、参列を断ることもあり得るのです。

しかし、参列を断るとしたら、どのように伝えればいいのでしょうか?また、参列しない場合には、香典などの対応はどうすればいいのでしょうか?この記事では、家族葬に義理の兄弟を呼ばないことによるメリットやデメリット、マナーや注意点を解説します。家族葬に義理の兄弟を呼ばないという選択肢を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

家族葬 義理の兄弟の参列について
家族葬 義理の兄弟のマナーについて
義理の兄の葬儀に参列するときの香典の相場とマナー
兄弟の配偶者の葬儀に参列するときのマナーと心構え
家族葬で兄弟への香典の金額の相場
家族葬で兄弟への香典のマナー
義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合の香典の相場
義理の兄弟の兄弟の葬式に参列しない場合の対応

家族葬 義理の兄弟の参列について

家族葬とは、故人の家族や親しい友人だけで行う小規模な葬儀のことです。家族葬のメリットは、費用を抑えられることや、故人との思い出を静かに振り返れることなどが挙げられます。しかし、家族葬のデメリットは、参列者の範囲を決めることが難しいことや、故人と縁のある人を招待できないことなどがあります。

特に、義理の兄弟という関係は、家族葬に参列するべきかどうか迷う場合が多いでしょう。義理の兄弟とは、配偶者の兄弟や姉妹のことです。義理の兄弟は、故人と血縁はないものの、結婚によって家族の一員となった人です。義理の兄弟と故人との関係は、人によって様々です。親しく交流していた場合もあれば、ほとんど接点がなかった場合もあります。

では、義理の兄弟は家族葬に参列すべきなのでしょうか。一概には言えませんが、以下のようなポイントを参考にしてください。

故人や遺族の意向を尊重する

家族葬に参列するかどうかは、まずは故人や遺族の意向を尊重することが大切です。故人が生前に家族葬について何か話していた場合は、その希望に沿うようにしましょう。また、遺族が家族葬の参列者を明確に伝えている場合は、その範囲に従うようにしましょう。遺族が家族葬の参列者をあまり明言していない場合は、配偶者や他の義理の兄弟と相談して、遺族に確認することもできます。

故人との関係を振り返る

家族葬に参列するかどうかは、故人との関係を振り返ることも重要です。故人と親しく交流していた場合は、家族葬に参列して故人に別れを告げることができます。故人とほとんど接点がなかった場合は、家族葬に参列する必要はないかもしれません。しかし、故人との関係がどの程度であっても、故人に対する敬意や感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

他の参列者とのバランスを考える

家族葬に参列するかどうかは、他の参列者とのバランスを考えることも大事です。家族葬は、故人の家族や親しい友人だけで行うものですから、参列者の数は限られています。義理の兄弟が家族葬に参列することで、他の参列者とのバランスが崩れることはないでしょうか。例えば、故人の実の兄弟や姉妹が家族葬に参列しない場合は、義理の兄弟が参列することが適切かどうか検討する必要があります。また、故人の友人や知人が家族葬に参列しない場合は、義理の兄弟が参列することで、他の参列者との距離感が変わることはないでしょうか。このように、家族葬に参列することで、他の参列者とのバランスが崩れる可能性がある場合は、参列を控えることも考えられます。

家族葬 義理の兄弟のマナーについて

家族葬に参列する場合は、一般的な葬儀と同様に、マナーを守ることが求められます。家族葬は、故人の家族や親しい友人だけで行うものですから、参列者は故人や遺族との関係が深い人が多いでしょう。そのため、参列者同士のコミュニケーションや配慮が重要になります。特に、義理の兄弟という関係は、故人や遺族との距離感が難しい場合があります。義理の兄弟が家族葬に参列する場合は、以下のようなマナーを心がけてください。

服装や持ち物に気をつける

家族葬に参列する場合は、服装や持ち物に気をつけることが大切です。服装は、黒や紺などの落ち着いた色のスーツやドレスなどが適切です。派手な色や柄の服やアクセサリーは避けましょう。また、香水や化粧も控えめにしましょう。持ち物は、喪章や弔電などが必要です。喪章は、故人との関係に応じて、白や黒などの色を選びましょう。弔電は、故人や遺族に対する哀悼の気持ちを伝えるものです。弔電は、義理の兄弟としてではなく、配偶者と一緒に出すことが多いでしょう。弔電の文面は、故人や遺族の名前や敬称を正しく書きましょう。また、故人や遺族との関係や思い出を簡潔に述べることもできます。弔電は、家族葬の前日までに送るようにしましょう。

家族葬 義理の兄弟の参列のまとめ

家族葬 義理の兄弟の参列について、以下の表にまとめました。

項目内容
参列の判断基準故人や遺族の意向、故人との関係、他の参列者とのバランス
服装黒や紺などの落ち着いた色のスーツやドレス
持ち物喪章、弔電
挨拶故人や遺族の目を見て、声を低くして、不謹慎な言葉や質問は避ける
お香典3万円から5万円程度、白い封筒に入れて、遺族に直接手渡すか香典台に置く
お供え物故人の好きだったものや趣味に関係するもの、小さくて持ち運びやすいもの、遺族に直接手渡すか棺の近くに置く

義理の兄の葬儀に参列するときの香典の相場とマナー

義理の兄の葬儀に参列するとき、香典をいくら包むべきか迷うことはありませんか?義理の兄は3親等にあたる親族なので、参列するのが一般的ですが、香典の金額は実の兄と同じでいいのでしょうか?また、香典を渡すときの注意点は何でしょうか?

この記事では、義理の兄の葬儀に参列するときの香典の相場とマナーについて、詳しく解説します。故人や遺族への敬意を表すためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

香典の相場は年齢や収入によって変わる

義理の兄の葬儀に参列するときの香典の相場は、一概に決めることはできません。香典の金額は、故人や遺族との関係性だけでなく、自分の年齢や収入にもよって変わってきます。一般的には、以下の表のようになります。

年齢香典の相場
20代1万円前後
30代1〜3万円
40代以上3〜5万円

ただし、これはあくまで目安であり、故人や遺族との親しさや、故人の年齢や地位なども考慮する必要があります。例えば、故人が若くして亡くなった場合や、故人が自分の職場の上司だった場合などは、相場よりも多めに包むのが望ましいでしょう。

香典を渡すときのマナーを守ろう

香典を渡すときには、以下のマナーを守りましょう。

  • 香典は不祝儀袋に入れて渡す。不祝儀袋には「御霊前」または「御香典」と書く。故人の宗教によっては「御佛前」や「御花料」などになることもあるので、事前に確認すること。
  • 不祝儀袋には自分の名前と住所を書く。名前はフルネームで、住所は市町村まででよい。名前の下には「御仏前」と書く。
  • 香典は新札にする。また、1万円札や5千円札など、端数のない金額にする。端数のある金額は「切りが悪い」とされるため、避けること。
  • 香典は葬儀場の受付で渡す。受付で香典帳に自分の名前と金額を記入し、不祝儀袋を受付係に渡す。受付係は遺族の代理として香典を受け取るので、敬語で丁寧に挨拶すること。
  • 香典は喪主や遺族に直接渡さない。喪主や遺族は故人を弔うことに専念するべきであり、香典を受け取ることは不謹慎とされるため、避けること。

兄弟の配偶者の葬儀に参列するときのマナーと心構え

兄弟の配偶者の葬儀に参列するとき、どのようなマナーや心構えが必要でしょうか?兄弟の配偶者は自分の義理の兄弟にあたりますが、故人や遺族との関係はそれぞれ異なるでしょう。また、葬儀の形式や宗教も様々です。

この記事では、兄弟の配偶者の葬儀に参列するときのマナーと心構えについて、詳しく解説します。故人や遺族への配慮や、自分の役割や立場を理解しておきましょう。

故人や遺族との関係を考えて参列する

兄弟の配偶者の葬儀に参列するかどうかは、故人や遺族との関係を考えて決めることが大切です。一般的には、以下のような基準があります。

  • 故人と親しく交流していた場合や、兄弟と故人が同居していた場合は、参列するのが望ましい。故人や遺族への敬意や思いやりを示すことができる。
  • 故人と面識がなかった場合や、兄弟と故人が離婚していた場合は、参列しなくてもよい。遺族の方も不快に思ったりはしないだろう。
  • 故人との関係が微妙な場合や、遠方に住んでいる場合は、兄弟や遺族に参列するべきかどうか確認するのがよい。参列しない場合は、香典やお花などで故人を思う気持ちを伝えるとよい。

葬儀の形式や宗教に合わせて服装や持ち物を準備する

兄弟の配偶者の葬儀に参列するときは、葬儀の形式や宗教に合わせて服装や持ち物を準備することが必要です。一般的には、以下のようなポイントがあります。

  • 服装は黒や紺などの地味な色の喪服を着る。白や赤などの明るい色や柄物は避ける。靴やバッグも黒や紺などの地味な色にする。アクセサリーや化粧は控えめにする。
  • 持ち物は香典と数珠を用意する。香典は不祝儀袋に入れて渡す。不祝儀袋には「御霊前」または「御香典」と書く。故人の宗教によっては「御佛前」や「御花料」などになることもあるので、事前に確認すること。数珠は自分の宗教に合わせて選ぶ。仏教の場合は108玉の数珠を、キリスト教の場合はロザリオを持つ。
  • 葬儀の形式は一般葬、家族葬、直葬などがある。一般葬は多くの人が参列する大規模な葬儀で、通夜と告別式が行われる。家族葬は親族や親しい友人などが参列する小規模な葬儀で、通夜や告別式の有無は遺族の希望による。直葬は遺体を直接火葬場に送り、参列者はなしという形式で、故人の遺志や遺族の事情による。
  • 葬儀の宗教は仏教、キリスト教、無宗教などがある。仏教の葬儀では、僧侶が読経や法要を行い、参列者は数珠を持って合掌する。キリスト教の葬儀では、牧師が祈りや説教を行い、参列者はロザリオを持って祈る。無宗教の葬儀では、遺族や友人が故人の思い出や感謝の言葉を述べる。

兄弟や遺族のサポートをする

兄弟の配偶者の葬儀に参列するときは、兄弟や遺族のサポートをすることが大切です。兄弟は故人の最も身近な存在であり、遺族は故人との別れに深い悲しみを抱いているでしょう。自分の役割や立場を考えて、以下のようなことを心がけましょう。

  • 兄弟や遺族に寄り添って話を聞く。故人の思い出や感情を共有することで、気持ちを和らげることができる。ただし、無理に話させたり、自分の話ばかりしたりしないこと。
  • 兄弟や遺族に協力して手伝う。葬儀の準備や後片付けなど、できることがあれば積極的に手伝うこと。また、葬儀の後も、生活や仕事などの面でサポートすること。
  • 兄弟や遺族に気遣って連絡する。葬儀の後も、定期的に電話やメールなどで連絡すること。気にかけていることや、元気になってほしいことを伝えること。

以上、兄弟の配偶者の葬儀に参列するときのマナーと心構えについてでした。故人や遺族への敬意や思いやりを忘れずに、葬儀に臨みましょう。

家族葬で兄弟への香典はどのくらい包むの?金額の相場やマナーを解説

家族葬とは、家族や親しい人だけで行う小規模な葬儀のことです。 家族葬では、一般葬とは違って香典を辞退することも多いですが、故人が兄弟の場合はどのくらいの香典を包むべきなのでしょうか? この記事では、家族葬で兄弟への香典の金額の相場やマナー、香典の書き方などについて詳しく解説します。

家族葬で兄弟への香典の金額の相場

家族葬で兄弟への香典の金額の相場は、一般葬と同じく、年代や関係性によって変わります。 一般的には、以下のような目安があります。

年代金額
20代1万円以上
30代・40代1万円~3万円
50代以上3万円~5万円

ただし、これはあくまで参考であり、故人との親密度や家族の意向によっても異なります。 また、同居していた場合や、親よりも高額な香典を出す場合は、家族と相談して調整することが大切です。

家族葬で兄弟への香典のマナー

家族葬で兄弟への香典を渡す際には、以下のようなマナーに注意しましょう。

  • 香典を辞退していないか確認する 家族葬では、香典を受け取らないことも多いので、事前にご遺族の意向を確認することが必要です。 訃報の連絡に香典や参列を必要としない旨が記載されている場合や、直接来なくていいと言われた場合は、香典を渡さないようにしましょう。 香典を辞退された場合は、お花を贈るなどの代替案を考えることができます。
  • 香典袋の書き方を間違えない 香典袋の書き方は、宗教や宗派によって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。 仏式の場合は「御霊前」が一般的ですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。 神式の場合は「御玉串料」や「御榊料」、キリスト教の場合は「お花料」や「献花料」と書きます。 また、名前はフルネームで縦書きし、金額は大字で書きます。
  • 香典の渡し方を間違えない 香典の渡し方は、受付で香典台に置くのが一般的です。 ただし、家族葬の場合は、受付がないこともあります。 その場合は、喪主や遺族に直接手渡すか、葬儀会社に預けることになります。 香典を手渡す際には、袋の表書きが上になるようにして、両手で渡しましょう。 また、香典を渡すときには、故人や遺族に対するお悔やみの言葉を添えることがマナーです。

香典 義理の兄弟の兄弟

義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合の香典の相場とマナー

義理の兄弟とは、配偶者の兄弟や姉妹、兄弟や姉妹の配偶者、親の再婚でできた兄弟や姉妹など、血縁関係ではないが親族として扱われる人のことです。 義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合、どのくらいの香典を包むべきなのでしょうか? また、参列しない場合はどうすればいいのでしょうか? この記事では、義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合の香典の相場とマナー、参列しない場合の対応について詳しく解説します。

義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合の香典の相場

義理の兄弟の兄弟の葬式に参列する場合の香典の相場は、一般葬と同じく、年代や関係性によって変わります。 一般的には、以下のような目安があります。

年代金額
20代1万円以上
30代・40代1万円~3万円
50代以上3万円~5万円

ただし、これはあくまで参考であり、故人との親密度や家族の意向によっても異なります。 また、自身の兄弟と同じ額を包むことがマナーとされています。 他の親族とも相談して調整することが大切です。

義理の兄弟の兄弟の葬式に参列しない場合の対応

義理の兄弟の兄弟の葬式に参列しない場合は、どのような対応をすればいいのでしょうか? 一般的には、以下のような方法があります 。

  • 香典を郵送する 参列しない場合でも、香典を郵送することは可能です。 ただし、郵送する場合は、以下のような点に注意しましょう。
    • 香典袋の書き方は、参列した場合と同じです。 ただし、郵送する場合は、香典袋の裏に「郵送」と書きます。
    • 香典袋を封筒に入れる際は、袋の表書きが見えるようにして、封筒の表に「香典」と書きます。
    • 香典の金額は、参列した場合と同じく、年代や関係性によって変わります。 ただし、郵送する場合は、参列した場合よりも少し少なめにすることがマナーとされています。
    • 香典を郵送するタイミングは、葬儀の日程に合わせて、早めに送ることが望ましいです。 遅くとも、葬儀の翌日までには届くようにしましょう。
  • 弔電を送る 弔電とは、電報やメールなどで送るお悔やみのメッセージのことです。 弔電を送る場合は、以下のような点に注意しましょう。
    • 弔電の文面は、故人や遺族に対する敬意や哀悼の気持ちを表すものにします。 例えば、「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。」などです。
    • 弔電の送り先は、喪主や遺族の住所やメールアドレスにします。 また、送り主は、自分の氏名と住所やメールアドレスを明記します。
    • 弔電の送るタイミングは、葬儀の日程に合わせて、早めに送ることが望ましいです。 遅くとも、葬儀の当日までには送るようにしましょう。

義理の兄が亡くなったら、兄嫁の兄弟としてどうすべきか?香典の相場やマナーを解説

あなたの兄嫁の兄、つまり義理の兄が亡くなったとき、あなたはどうすべきでしょうか?葬儀に参列するべきなのか?香典はいくら包むのが相場なのか?香典の書き方や渡し方はどうするのが正しいのか?など、気になることがたくさんあると思います。

この記事では、義理の兄が亡くなったときの対応について、香典の相場やマナーを中心に解説します。義理の兄弟とはいえ、親族ですから、故人や遺族に対して敬意を表し、失礼のないようにしましょう。

葬儀に参列するべきなのか?

義理の兄が亡くなったとき、葬儀に参列するかどうかは、以下のような点を考慮して判断しましょう。

  • 他の家族(両親・義両親・配偶者)などは参列するか?
  • 近所・親戚の目があるか?
  • 最近付き合いはなくても、過去に交流はあったか?

一般的には、義理といえど兄弟には違いなく、親族です。やはり、他の家族が参列しているのに、自分だけが参列しないと今後の親戚付き合いにも影響します。実際、このような声があるので紹介しますね。

  • 「生前の付き合いはどうあれ、最後と割り切り行った方が後悔がない。」
  • 「故人との付き合いよりも、親戚付き合いを考え、参列した方がいい。」
  • 「知らない親戚の葬儀にたくさん参列してきたけど、それよりも近い2親等という義理の兄弟だと、行くのが当然。」
  • 「行かないと、冷たい人・おかしいと親戚からレッテルをはられる。」
  • 「疎遠だったとしても、ちょっと顔だして帰るくらいの義理はある。」

義理で参列することは、葬儀ではあるあるかもしれませんね。

ですが、参列しなくてもいい場合もあります。例えば、

  • 家族が誰も参列しない
  • 呼ばれていない(連絡がこなかった、来なくていいと言われた)
  • 直葬(香典を断られることも多い)
  • 会ったことがない
  • 変死(不審死)

という場合には、行かなくてもいいという声もあります。それぞれ、家庭によっても考えは異なります。迷った際は、近しい親族(両親など)に聞くのもいいかもしれませんね。

香典の相場はいくらか?

葬儀に参列する場合、香典を包むのが一般的です。香典とは、供花や線香などの代わりに供えるお金のことで、通夜・葬儀でかかる突然の出費を助け合う意味があります。

香典に包む金額は、故人との関係や葬儀の種類、法要などによって変わります。ただある程度の相場やマナーはあるので注意が必要です。厳粛な葬儀の場で粗相をしたり、礼儀知らずだと思われたりしないよう、香典の相場とマナーを確認しておきましょう。

義理の兄弟とはいえ、親族ですから、香典の金額はそれなりに高めになります。一般的には、

  • 20代・・・1万円前後
  • 30代・・・1〜3万円
  • 40代以上・・・3〜5万円

ほどが相場です。

香典の書き方や渡し方は?

香典を包むときには、香典袋に入れて渡します。香典袋には、表書きと差出人の名前を書きます。表書きは、故人との関係によって変わります。義理の兄弟の場合は、

  • 「御霊前」
  • 「御仏前」

のいずれかを書きます。どちらを選ぶかは、故人や遺族の宗教によって異なります。仏教徒の場合は「御仏前」、神道やキリスト教などの場合は「御霊前」を選びましょう。わからない場合は、葬儀社に確認するか、どちらでも使える「御香典」を書くとよいでしょう。

差出人の名前は、自分の氏名と配偶者の氏名を書きます。配偶者がいない場合は、自分の氏名のみで構いません。名前の下には、故人との関係を書きます。義理の兄弟の場合は、

  • 「兄嫁の兄弟」
  • 「弟嫁の兄弟」

などと書きます。故人が兄嫁の兄であれば、「兄嫁の兄弟」、故人が弟嫁の兄であれば、「弟嫁の兄弟」という具合です。

義理の兄弟の葬式には参列した方がいい?香典相場は?

関係香典相場
義理の兄弟20代・・・1万円前後
30代・・・1〜3万円
40代以上・・・3〜5万円
義理の兄弟の配偶者20代・・・1万円前後
30代・・・1〜3万円
40代以上・・・3〜5万円

高齢者、年金生活者の支払う香典の平均的金額とは

関係香典相場
兄弟50代以上・・・3万円~5万円
叔父、叔母30,000円~
その他の親戚10,000円

Q&A

Q
義理の兄弟が亡くなったときの香典の相場は?
A

義理の兄弟が亡くなったときの香典の相場は、年代や地域によっても異なりますが、一般的には以下のようになります。
20代:1万円前後
30代・40代:1万円~3万円
50代以上:3万円~5万円

Q
兄弟が亡くなった場合の家族葬の香典の相場は?
A

兄弟が亡くなった場合の家族葬の香典の相場は、自身の兄弟の場合と配偶者の兄弟の場合では変わりません。基本的には上記の相場と同じですが、家族葬の場合は香典を辞退することもありますので、事前に連絡があるかどうかを確認してください。

Q
家族葬と言われたら義両親を呼ぶべきですか?
A

家族葬と言われたら義両親を呼ぶべきかどうかは、葬儀の規模や故人と義両親の関係性によって決めることができます。10~20人程度の小規模な家族葬であれば、義両親を呼ばなくても問題ありませんが、20人以上の規模であれば、義両親にも参列をお願いするのがマナーです。ただし、故人と義両親の関係が深かった場合や、故人の遺志で義両親を呼びたいという場合は、規模に関係なく義両親を招待するべきです。

Q
義理の兄弟の親が亡くなった時の香典の相場は?
A

義理の兄弟の親が亡くなった時の香典の相場は、一般的には1万円~3万円程度です。ただし、義理の兄弟との関係が近い場合や、同居していた場合は、3万円~5万円程度にすることもあります。また、家族葬の場合は香典を辞退されることもあるので、事前に確認してください。

タイトルとURLをコピーしました