家族葬に兄弟を呼ばない場合の対応と注意点【2023年最新版】

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

家族葬の基礎知識

家族葬で兄弟を呼ばないというのは、故人や家族の事情によって、故人の兄弟姉妹や甥姪などを葬儀に招待しないということです。しかし、このような決断は、親族との関係や感情に影響を与える可能性があります。家族葬で兄弟を呼ばない場合には、どのような理由があるのでしょうか?また、兄弟に対してどのように連絡すべきなのでしょうか?この記事では、家族葬で兄弟を呼ばない場合のメリットとデメリット、そして連絡方法について詳しく解説します。家族葬で兄弟を呼ばないという選択をする方も、される方も、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

家族葬 兄弟呼ばないのメリットとデメリット
家族葬 兄弟呼ばないの方法と注意点
家族葬で誰も呼ばない場合のメリットとデメリット
家族葬で親戚を呼ばない場合の連絡方法
家族葬で兄弟に渡す香典の相場とマナー
家族葬で親戚を呼ばない場合の対応方法
家族葬の参列者はどこまで呼ぶ?コロナ禍での事例や考え方
家族葬に親戚を呼ばない場合の文例とマナー

家族葬 兄弟呼ばないのメリットとデメリット

家族葬とは、親族を中心とした小規模な葬儀のことですが、その中でも特に兄弟を呼ばないという選択をする方もいます。兄弟を呼ばない理由は様々ですが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 兄弟が高齢で参列させたくない
  • 兄弟と仲が悪い
  • 兄弟が遠方に住んでいて日程が合わない
  • 兄弟と絶縁状態で連絡が取れない

兄弟を呼ばないことには、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、以下のような点が考えられます。

  • 葬儀内容を決めやすくなる
  • 葬儀費用が安くなりやすい
  • 接待の負担が減る
  • 故人を静かに見送ることができる

一方、デメリットとしては、以下のような点が考えられます。

  • 葬儀前後の連絡や対応が増える
  • 葬儀に対する理解を得にくい
  • 葬儀の負担額が増える場合がある

家族葬 兄弟呼ばないの方法と注意点

家族葬に兄弟を呼ばない場合、どのようにすればいいのでしょうか?一般的には、訃報や葬儀の連絡をするかしないかに分かれます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分たちの状況に合わせて判断しましょう。

訃報を知らせるときに参列を断る

故人が亡くなったときに、訃報と一緒に葬儀への参列を断る方法です。この方法では、家族葬で葬儀を行うことと、参列を断る理由を説明して相手に納得をしてもらう必要があります。この方法のメリットとしては、以下のような点があります。

  • 葬儀が終わってから連絡をするよりもトラブルが少ない
  • 兄弟に故人の訃報を伝えることができる
  • 兄弟の気持ちを尊重することができる

一方、デメリットとしては、以下のような点があります。

  • 葬儀の準備と同時進行で連絡するので時間と手間がかかる
  • 兄弟が納得しない場合や葬儀当日に参列してくる可能性がある
  • 兄弟との関係が悪化する可能性がある

訃報や葬儀の連絡をしない

家族葬が終わるまで連絡をせずに、葬儀後に電話や書面で訃報と葬儀のお知らせをする方法です。この方法では、家族葬が始まる前に説明などする必要がなく、スムーズに葬儀を終える可能性が高いというメリットがあります。しかし、デメリットとしては、以下のような点があります。

  • 兄弟が訃報や葬儀の知らせを他の人から聞いた場合に不快に思う可能性がある
  • 葬儀後の連絡時に兄弟から不満や非難を受ける可能性がある
  • 兄弟との関係が悪化する可能性がある

いずれの方法を選ぶ場合も、注意点としては以下のようなことが挙げられます。

  • 兄弟の気持ちや立場を考えて配慮する
  • 葬儀の内容や理由を丁寧に説明する
  • 葬儀社に相談して適切な対応をする
  • 他の親戚や友人にも事情を伝えて理解を得る

家族葬に兄弟を呼ばないことは、一般的ではないかもしれませんが、故人や遺族の意思を尊重することが大切です。兄弟との関係が良好であれば、参列を断ることにも理解を示してくれるでしょう。兄弟との関係が悪くても、最後の別れをする機会を与えることによって和解のきっかけになるかもしれません。どちらにせよ、葬儀は故人を偲ぶ大切な儀式です。自分たちの納得のいく形で、故人を静かに見送りましょう。

家族葬で誰も呼ばない場合のメリットとデメリット

家族葬とは、故人の配偶者や子供、孫などの直系親族だけで行う葬儀のことです。家族葬で誰も呼ばないというのは、故人の希望や家族の意向によって、友人や知人、職場の人などを一切招かないということです。このような家族葬で誰も呼ばない場合には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
葬儀費用が安くなる故人との思い出を共有できる人がいない
葬儀の準備や手続きが簡単になる故人に対する感謝や弔意を伝えられない
家族だけで故人との別れをゆっくりと告げられる故人の社会的なつながりや影響力が分からない

家族葬で親戚を呼ばない場合の連絡方法

家族葬で親戚を呼ばないというのは、故人の兄弟姉妹や甥姪、従兄弟などの親族を招かないということです。このような家族葬で親戚を呼ばない場合には、以下のような連絡方法があります。

  • 電話連絡:親戚の中で最も親しい人や代表的な人に電話で連絡し、家族葬で親戚を呼ばない理由や故人の死因、葬儀の日時や場所などを伝えます。その後、その人に他の親戚にも連絡してもらうように依頼します。
  • メール連絡:親戚のメールアドレスを知っている場合には、メールで連絡します。メールの内容は電話連絡と同じですが、敬語や丁寧語を使って書きます。また、返信を求めないことや、お悔やみの品や香典は不要であることを明記します。
  • 喪中はがき:親戚の住所を知っている場合には、喪中はがきで連絡します。喪中はがきは、故人の氏名や没年月日、家族葬で親戚を呼ばない旨を記載します。また、喪中はがきは故人の命日の前日までに届くように郵送します。

以上が、家族葬で誰も呼ばない場合や親戚を呼ばない場合の連絡方法についての説明でした。家族葬は、故人や家族の気持ちを尊重することが大切です。しかし、故人と関わりのあった人たちにも配慮することが必要です。家族葬で誰も呼ばない場合や親戚を呼ばない場合には、適切な連絡方法を選んで、故人の死を伝えましょう。

家族葬で兄弟に渡す香典の相場とマナー

家族葬で兄弟に渡す香典の相場は、一般葬と同じく、故人との関係性や年代によって変わります。以下の表に、兄弟への香典の相場をまとめました。

年代相場
20代1万円以上
30代・40代1万円~3万円
50代以上3万円~5万円

香典の金額は、故人との親密度や経済状況に応じて調整することができます。ただし、親よりも高額の香典を渡すのは避けましょう。また、兄弟で同じ葬儀に参列する場合は、香典に差がないように事前に相談しておくと良いでしょう。

香典の書き方については、一般葬と同じく、宗教や宗派によって異なります。仏式の場合は「御霊前」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教の場合は「お花料」などと書きます。名前はフルネームで縦書きし、金額は漢数字で書きます。中袋がある場合は、裏面の左に住所と名前を書きます。

家族葬で親戚を呼ばない場合の対応方法

家族葬で親戚を呼ばない場合は、訃報の連絡で「故人や家族の意志により、家族だけで葬儀を行う」と伝え、親戚の会葬辞退をお知らせしましょう。訃報と併せて、電話でも家族葬を行うお話しをすることで、より丁寧に、誤解なく会葬辞退を伝えることができます。

親戚を呼ばない場合は、香典も受け取らないことが多いです。しかし、親戚からの弔意を示したいという気持ちもあるでしょう。その場合は、お花を送るのが一般的です。メッセージカードを添えて、文面の最後に「お返しは不要」と一筆添えておけば、ご遺族が頭を悩ませることはなくなります。

以上が、家族葬における親戚との関係や香典の相場についての解説でした。家族葬は、故人とのお別れの時間を大切にするための葬儀形態です。親戚とのトラブルを避けるためにも、事前に連絡や相談をすることが大切です。故人の遺志を尊重し、ご遺族の意向に沿って、心のこもった家族葬を行いましょう。

家族葬の参列者はどこまで呼ぶ?コロナ禍での事例や考え方

家族葬の参列者の範囲は、決まりはありません。故人や家族の希望によって自由に決められます。しかし、コロナ禍では、感染防止のためにソーシャルディスタンスを保つことが求められます。そのため、参列者の数や選び方には注意が必要です。一般的には、以下のような目安があります。

  • 10名程度:故人の両親や子ども、兄弟などの遺族のみで行う家族葬です。遺族のみで葬儀を行うため、式場前の看板や返礼品・お料理の準備は含まれていません。約20万円~30万円程度で家族葬を行うことができます。
  • 20名程度:遺族と親戚で行う家族葬です。遺族のみで行う家族葬と同様で、式場前の看板や返礼品、お料理の準備が含まれていません。親戚の方を家族葬に呼んでおくことで、遺族・親族間のトラブルを防止できます。
  • 30名以上:故人が生前、所縁のあった友人を含めて行う家族葬です。30名以上の家族葬のプランになると、葬儀一式が含まれており、当日の香典返しの準備なども葬儀会社に依頼することができます。料理の準備などが含まれていることが多いです。

コロナ禍での家族葬の参列者の範囲に関するよくある質問と回答を以下の表にまとめました。

質問回答
遠方に住む親戚に参列してもらうべき?葬儀は「社会生活を維持するために必要な施設」として、時短要請の対象になっていません。そのため、コロナ感染症対策を実施すれば、遠方に住む親戚を呼ぶことができます。しかし、緊急事態宣言下でコロナ感染者数が拡大する中、遠方から来てもらうことが申し訳ないと相手に配慮して家族葬に呼ばない方もいます。
家族葬を行う際のコロナ感染症対策とは?家族葬を行う場合は、下記に該当するコロナ感染症対策を行いましょう。参列者はマスクを着用する、消毒液で手指の消毒をする、検温をして微熱がある場合は葬儀に参列しない、ドアや窓を開けて換気をする、ソーシャルディスタンスを守り、適切な距離を取る、飛沫感染を防ぐために会話を控える。
家族葬でトラブルを起こさない対策方法とは?自宅で粛々と葬儀を行いたいという方は、家族葬を終えた後に訃報を周知させる方がいます。このような流れだと「私は葬儀に呼ばれなかった…」と反感を招いてしまうかもしれません。そのため、葬儀前に訃報をお知らせしましょう。コロナ感染症対策で小規模の葬儀を行う旨を伝えれば、大抵の方は理解を示してくれるはずです。

家族葬に親戚を呼ばない場合の文例とマナー

家族葬に親戚を呼ばない場合は、事前に挨拶状や会葬辞退の案内を送付しておけば、失礼には当たらないでしょう。しかし、どのような文面で伝えるのが適切なのでしょうか。ここでは、家族葬に親戚を呼ばない場合の文例とマナーを紹介します。

挨拶状の文例

挨拶状は、葬儀の日程や場所を伝えるだけでなく、家族葬であることや参列や弔問をお断りしていることを明記します。以下は、挨拶状の文例です。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、(故人との関係)の(故人の氏名)が(死因)により、(死亡日)に永眠いたしました。
このようなご時世の中、ご迷惑をおかけすることを避けるため、家族葬とさせていただきます。
つきましては、ご参列やご弔問をご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、(故人の遺志や家族の希望)により、(火葬のみ・直葬・一日葬など)で執り行う予定です。
故人のご冥福を心よりお祈りいたします。
(喪主との関係) (喪主の氏名)

会葬辞退の案内の文例

会葬辞退の案内は、挨拶状と同様に、家族葬であることや参列や弔問をお断りしていることを明記します。また、故人への哀悼の意や遺族へのお見舞いの言葉を添えます。以下は、会葬辞退の案内の文例です。

(故人の氏名)様のご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。
(故人との関係や思い出など)を思い出し、故人のご冥福をお祈りいたします。
このたび、(故人の遺志や家族の希望)により、家族葬とさせていただく旨、(挨拶状・電話・メールなど)でお知らせいただきました。
ご遺族のご意向を尊重し、ご参列やご弔問をご遠慮させていただきます。
なお、(香典・供花・弔電など)をお送りさせていただきましたので、ご査収ください。
この度は、ご連絡いただきありがとうございました。
故人のご冥福と、ご遺族のご健勝をお祈り申し上げます。
(自分との関係) (自分の氏名)

以上、コロナ禍での家族葬について、参列者の範囲や親戚への対応などについてお伝えしました。家族葬は、故人や家族の希望に沿って行われる葬儀です。しかし、それだけに、周囲の方への配慮やマナーも重要です。コロナ感染症対策をしっかりと行い、故人を偲ぶとともに、生きている人との関係も大切にしましょう。

Q&A

Q
家族葬に呼ばれない方法はありますか?
A

家族葬に呼ばれない方法は、特にありません。家族葬は、故人や遺族の意向によって参列者を限定する葬儀形式です。呼ばれるかどうかは、故人との関係性や親交の深さによって異なります。呼ばれていなければ、参列しないのがマナーです。

Q
家族葬には誰を呼ぶのが一般的ですか?
A

家族葬には、一般的には3親等くらいまでの親族を呼ぶのが一般的です。3親等とは、故人の祖父母、両親、配偶者、子、孫、兄弟姉妹、叔父叔母、従兄弟姉妹などを指します。ただし、家族葬という名前から、ご家族や親族のみが参列できる範囲と考えがちですが、必ずしもそれだけではありません。「家族以外はごく親しい人だけ呼びたい」ということで、家族葬と称する場合もあります。したがって、家族葬に友人や知人が参列することは可能です。

Q
家族葬に呼ばれてないけど香典は送ったらいい?
A

家族葬に呼ばれていない場合、香典は送りません。香典を受け取ると、遺族は香典返しを送る必要があるので、負担をかけることになります。供物や供花を送った場合も、返礼品が必要になるため注意しましょう。参列できなかったので、弔問だけは行きたいと思う方もいるかと思います。後日に弔問することはできますが、配慮が大切です。参列者に対する対応を負担に思っていることがあります。そのため弔問にお

Q
家族葬と言われたら義両親を呼ぶべきですか?
A

家族葬と言われたら義両親を呼ぶべきかどうかは、葬儀の規模や故人と義両親の関係性で決めることが多いです。一般的には親族(6親等以内の血族)を呼べば十分と言われていますが、「何親等」よりも「親交の深さ」や「葬儀の規模」で決めたほうがいいでしょう。故人と義両親の関係性が深い場合は、義両親にも参列をお願いするべきでしょう。しかし義両親をお招きすれば、お身内だけで気兼ねなく過ごすことができなくなってしまう可能性もあります。喪主やご遺族でよく話し合い、やはりごく近しいお身内のみで葬儀をとり行いたいと思われた場合には、義両親には参列を控えていただくという選択もできます。

タイトルとURLをコピーしました