家族葬に花は送らない?知っておきたいマナーと相場

当サイトではプロモーションリンクを利用しています。

家族葬 花家族葬の基礎知識

家族葬は近年人気が高まっていますが、その際にしばしば生じる疑問の一つが「花を送るべきか?」ということです。家族葬特有の規模や性質を考えると、従来の葬儀とは異なるアプローチが必要になります。

この記事では、家族葬における花の贈り方に焦点を当て、花を贈る際のマナー、相場、選び方から遺族への確認の重要性まで、幅広く解説していきます。花の種類やサイズ、配送タイミングに関する注意点、さらには花を贈る際のエチケットについても触れ、家族葬での適切な行動をサポートします。家族葬において故人に敬意を表し、遺族の気持ちに寄り添うためのガイドとして、ぜひ参考にしてください。

家族葬で送花を控えるべき理由とは

家族葬では、一般的に参列者を限定し、親族や故人と特に親しかった方々だけで行われることが多いため、送花を控えるべき理由がいくつかあります。特に、家族葬では遺族の意向を尊重することが重要であり、以下の点に注意する必要があります:

  1. 遺族の負担軽減: 家族葬は費用を抑えるために選ばれることがあり、供花や香典などを受け取った場合、遺族がお返しをする必要が生じます。これは遺族にとって追加の手間や負担になり得ます。
  2. 辞退されている可能性: 家族葬では、供花の辞退が一般的です。供花を送る前に、遺族や葬儀社に確認することが大切です。
  3. 招待されていない場合: 家族葬では親族や親しい人のみが参列するため、招待されていない場合は供花を贈ることは避けるべきです。

家族葬の特徴を理解する

家族葬の特徴を理解するためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です:

  1. 規模: 家族葬は小規模な葬儀であり、故人の親族や親しい友人だけで行われます。
  2. 費用: 通常の葬儀に比べて費用が抑えられる傾向にあります。
  3. 意向尊重: 遺族の意向が重視され、その希望に沿って供花や香典などが辞退されることがあります。
  4. 供花のマナー: 家族葬でも供花を贈る場合は、遺族の意向に従い、葬儀にふさわしいサイズや種類の花を選ぶことが求められます。

供花を贈る際のマナーは、葬儀にふさわしいサイズの花を送り、芳名名札を正しく書くことが重要です。また、お通夜の前に届くように手配し、お花の種類には注意を払う必要があります​​​​​​。

家族葬の理解と適切なマナーの遵守は、故人への敬意を示すと同時に、遺族の心情を尊重するために重要です。

華美な送花より遺影や位牌を配慮

家族葬では、参列者の人数を限定して行うため、会場が狭くなる傾向があります。そのため、華美な送花は、会場の雰囲気を損ねてしまう可能性があります。

また、家族葬では、故人の家族や親族が葬儀の費用を負担することが多いため、送花費用が負担になる場合もあります。

そのため、家族葬では、華美な送花よりも、遺影や位牌の配慮が大切です。遺影や位牌は、葬儀の中心となるものであり、故人の遺影や位牌がきれいに飾られているかどうかは、遺族の心を慰めることになります。

  1. 遺影の選定: 遺影は故人の姿を映し出す重要な要素です。選定する際には、故人がはっきりと写っている大きな写真を選び、必要に応じて写真の加工も考慮します。服装や背景が適切かどうかも重要な要素です​​。
  2. 遺影の置き場所: 遺影の置き場所は葬儀後も大切です。四十九日までは仏間に飾ることが一般的ですが、仏間がない場合は洋間でも構いません。場所が限られている場合は、遺影を小さくプリントする方法もあります。また、デジタルフォトフレームを活用することで、場所を取らずに故人を偲ぶことができます​​​​。

家族の意向を尊重するのが大切

故人の家族の意向を尊重することで、故人の家族の気持ちを理解できることや、故人の家族との信頼関係を築けることなどが期待できます。

家族葬においては、家族の意向を尊重することが何よりも重要です。以下の点が特に重要です。

  1. 位牌・遺影の取り扱い: 位牌は故人の魂が宿るものとされ、火葬場への移動時や帰り道には喪主が持ちます。遺影は、故人と縁の深いご遺族が持ちます。遺骨は重量があるため、持ち運びに適したご遺族が担当します​​​​。
  2. 火葬場での待機時間: 火葬中の待機時間は約1時間ほどあり、この間に軽食やお菓子を食べることが一般的です。火葬場によっては軽食が提供されることもありますが、必要に応じて準備することが望ましいです​​。

家族葬では、故人との関係や家族の意向を最優先に考え、遺影や位牌に対する配慮や火葬場でのマナーを守ることが肝要です。故人への最後のお別れを尊厳あるものにするためにも、これらのポイントを事前に把握し、心を込めた葬儀を行うことが大切です。

家族葬に花を送る場合の注意点と手順とは

家族葬の日時や場所を確認する:家族葬の日時や場所は、故人の家族が決めるもので、故人の家族の意向や情報を伝えるものです。家族葬の日時や場所を確認することで、花を送るタイミングや方法を決めることができることや、家族葬に参加するかどうかを決めることができることなどが期待できます。

家族葬では規模が小さく、参列者も限られるため、送花についても適切なマナーが求められます。ここでは、家族葬に花を送る際の注意点と手順について詳しく解説します。

注意点:適切な規模と種類を選ぶ

家族葬に送る花は、大きすぎず、華美すぎないものを選ぶことが求められます。その理由は以下の通りです。

  • 場所の制約: 家族葬は一般的な葬儀に比べて規模が小さいため、置き場所にも制約があります。
  • 敬意の表現: 華美すぎると故人よりも目立ってしまい、逆に敬意を表すことができなくなる可能性があります。

手順:適切なタイミングで送る

送花の手順としては、通常、葬儀の前に送ることが一般的です。ただし、家族葬の場合は以下の点を考慮することが重要です。

  • 遺族との連絡: 事前に遺族と連絡を取り、送花を受け取れるタイミングを確認しましょう。
  • 配送業者との調整: 配送業者との間で正確な配達時間を調整することが必要です。

家族葬に花を送る代わりにできることとは

家族葬に参列できない、または送花が難しい場合でも、適切な方法で故人を偲び、遺族に対する敬意を表すことは可能です。以下に、家族葬に花を送る代わりにできることをいくつか挙げます。

種類目的特徴
弔電故人や遺族に心からの弔意を示す遠方から弔意を示す際に便利。故人や遺族への尊敬と哀悼の意を表現。
香典経済的負担の軽減故人と遺族のつながりを示す。一般的に現金で提供される。
お供え物故人の冥福を祈る故人の好きなものや宗派に合ったものを選ぶ。
メッセージカード故人への想いを遺族に伝える故人の好きな言葉や思い出を記すことで、故人への感謝や追悼を表現。
寄せ書き故人への想いを遺族と共有故人との思い出や故人への想いを記すことで、故人への感謝や追悼を共有。

家族葬の供花の贈り方

家族葬では、故人との親密な関係を大切にするという趣旨に沿って、送花のタイミングや方法、種類や量などを家族に相談することが大切です。しかし、家族に相談した結果、送花をすることになった場合や、家族に相談できない場合は、家族葬での供花の贈り方とマナーを知っておくことが必要です。

家族葬における親族への供花の贈り方

家族葬において、親族への供花の贈り方は、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 親族の中で喪主や施主が決まっている場合は、その人に連絡して供花の手配を依頼する:親族の中で喪主や施主が決まっている場合は、その人が供花の取りまとめをすることが多いです。その場合は、喪主や施主に連絡して、供花の手配を依頼することがマナーです。喪主や施主に連絡する際には、供花の種類や量、金額、名札の記載内容、支払い方法などを確認することが大切です。
  • 親族の中で喪主や施主が決まっていない場合は、故人との血縁関係が近い人に連絡して供花の手配を相談する:親族の中で喪主や施主が決まっていない場合は、故人との血縁関係が近い人に連絡して、供花の手配を相談することがマナーです。故人との血縁関係が近い人に連絡する際には、供花の種類や量、金額、名札の記載内容、支払い方法などを確認することが大切です。
  • 親族の中で供花を出す人が複数いる場合は、連名で供花を出すことを検討する:親族の中で供花を出す人が複数いる場合は、連名で供花を出すことを検討することがマナーです。連名で供花を出すことで、供花の数を減らすことができることや、供花の金額を分担することができることなどが期待できます。連名で供花を出す場合は、名札に「○○家一同」や「○○親族一同」などと記載することが一般的です。

家族葬における親族への供花の贈り方

家族葬における親族への供花の贈り方は、以下のようなポイントに注意しましょう。

親族の供花は喪主が取りまとめることが多い

家族葬に参列する親族が出す供花は、喪主または施主が取りまとめて葬儀社に手配することもよくあります。これは参列者の間で不公平が起きないようにという意味合いのほか、参列者が連名で供花を出す手助けにもなります。そのため、親族の中で喪主が誰かを確認し、供花の手配を相談しましょう。

家族葬では、親族の供花は祭壇の前に飾られることが多いです。これは親族が故人に最も近い存在であることを示すためです。そのため、親族の供花は故人の遺影や位牌に近い位置に置かれます。親族の供花は、故人との関係が分かるようにします。故人との関係性によって祭壇周りで供花を飾る位置が異なるので、必ず葬儀担当者に伝えるようにします。一般的には「子供一同」「親族一同」のようにまとめて贈ります。

親族の供花は白い花が中心で、和花や樒が選ばれることが多い

家族葬では、親族の供花は白い花が中心で、和花や樒が選ばれることが多いです。これは白い花が故人への敬意や清らかさを表すとされるためです。和花は日本の伝統的な葬儀に合わせるために、樒は関西地方で贈る習慣があるために選ばれます。親族の供花は、故人の宗教や宗派、希望などにより、供花が指定されることもあるので注意が必要です。

家族葬での花代と贈り方のポイント

家族葬では、供花の代わりに「お花代」をお渡しすることもできます。お花代とは、供花の相場である10,000円~20,000円を白い無地の封筒、または水引がついた一般的な不祝儀袋に入れ、水引の上部分に「お花代」、その下に贈り主の名前を縦書きで記入したものです。お花代の贈り方とポイントは、以下のようなものです。

  • お花代は香典の代わりに渡すものではない:お花代は、供花を贈ることができない場合や、遺族が供花を辞退している場合に、故人への弔意や供養の気持ちを表すものです。お花代は香典の代わりに渡すものではないので、香典とは異なる意味を持つものです。そのため、お花代と香典は別々の封筒に入れてお渡ししましょう。
  • お花代は葬儀の前に渡す:お花代は、葬儀の前に渡すのが一般的です。これは、お花代を受け取った遺族が、葬儀の際に花を飾ることができるようにするためです。お花代を渡すタイミングは、通夜や葬儀の前に遺族に会える場合や、葬儀社に預ける場合があります。お花代を渡す際には、遺族に直接渡すか、葬儀社に頼むかを確認しましょう。

お花代は返礼品を求めないようにしましょう。お花代は、故人への供養の気持ちなので、返礼品を求めないことがマナーです。お花代を渡す際には、ひとこと返礼品辞退の旨を添えておくと、遺族側の負担も減るでしょう。

家族葬における喪主への供花の贈り方

家族葬における喪主への供花の贈り方は、以下のようなポイントに注意しましょう。

喪主への供花は故人への供花とは別にする

喪主への供花は、故人への供花とは別にするのが一般的です。これは、喪主への供花は、喪主が葬儀を執り行うことへの感謝や労いの気持ちを表すものであるためです。喪主への供花は、故人への供花とは別の封筒に入れてお渡ししましょう。

喪主への供花は祭壇の横に飾られることが多いです。家族葬では、喪主への供花は祭壇の横に飾られることが多いです。これは喪主が故人に最も近い存在であることを示すためです。そのため、喪主への供花は故人の遺影や位牌に近い位置に置かれます。

喪主への供花は故人との関係が分かるようにする

喪主への供花は、故人との関係が分かるようにするのがマナーです。これは、喪主への供花は、喪主が故人とどのような関係であったかを示すものであるためです。喪主への供花は、故人との関係性によって祭壇周りで供花を飾る位置が異なるので、必ず葬儀担当者に伝えるようにします。一般的には「喪主○○」「喪主代理○○」のように記入します。

喪主への供花は白い花が中心で、洋花やバラが選ばれることが多いです。家族葬では、喪主への供花は白い花が中心で、洋花やバラが選ばれることが多いです。これは白い花が喪主への敬意や清らかさを表すとされるためです。洋花やバラは喪主への感謝や労いの気持ちを表すとされるために選ばれます。喪主への供花は、故人の宗教や宗派、希望などにより、供花が指定されることもあるので注意が必要です。

家族葬での友人への供花の贈り方

家族葬での友人への供花の贈り方は、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 友人への供花は故人への供花とは別にする:友人への供花は、故人への供花とは別にするのが一般的です。これは、友人への供花は、友人が故人との思い出や感謝の気持ちを表すものであるためです。友人への供花は、故人への供花とは別の封筒に入れてお渡ししましょう。

友人への供花は祭壇の後ろに飾られることが多いです。家族葬では、友人への供花は祭壇の後ろに飾られることが多いです。これは友人が故人に次いで近い存在であることを示すためです。そのため、友人への供花は故人の遺影や位牌から離れた位置に置かれます。

友人への供花は、故人との関係が分かるようにします。故人との関係性によって祭壇周りで供花を飾る位置が異なるので、必ず葬儀担当者に伝えるようにします。一般的には「友人○○」「同級生○○」のように記入します。

  • 友人への供花は色や形が豊かで、菊やカーネーションが選ばれることが多い:家族葬では、友人への供花は色や形が豊かで、菊やカーネーションが選ばれることが多いです。これは色や形が豊かな花が友人への思い出や感謝の気持ちを表すとされるためです。菊やカーネーションは友人への尊敬や愛情の気持ちを表すとされるために選ばれます。友人への供花は、故人の宗教や宗派、希望などにより、供花が指定されることもあるので注意が必要です。

家族葬における子供への供花の贈り方

家族葬における子供への供花の贈り方は、以下のようなポイントに注意しましょう。

子供への供花は、故人への供花とは別にするのが一般的です。

これは、子供への供花は、子供が故人との親子の絆や慰めの気持ちを表すものであるためです。子供への供花は、故人への供花とは別の封筒に入れてお渡ししましょう。

家族葬では、子供への供花は祭壇の横に飾られることが多いです。これは子供が故人に最も近い存在であることを示すためです。そのため、子供への供花は故人の遺影や位牌に近い位置に置かれます。子供への供花は、故人との関係が分かるようにします。故人との関係性によって祭壇周りで供花を飾る位置が異なるので、必ず葬儀担当者に伝えるようにします。一般的には「子供○○」「孫○○」のように記入します。

子供への供花は色や形が明るく、ひまわりやチューリップが選ばれることが多い

家族葬では、子供への供花は色や形が明るく、ひまわりやチューリップが選ばれることが多いです。これは色や形が明るい花が子供への親子の絆や慰めの気持ちを表すとされるためです。ひまわりやチューリップは子供への明るさや元気の気持ちを表すとされるために選ばれます。子供への供花は、故人の宗教や宗派、希望などにより、供花が指定されることもあるので注意が必要です。

家族葬での供物の贈り方とマナー

家族葬では、供花の代わりに「供物」をお渡しすることもできます。供物とは、故人が好きだった食べ物や飲み物、本や音楽、写真や手紙などのもので、故人への弔意や供養の気持ちを表すものです。供物の贈り方とマナーは、以下のようなものです。

  • 供物は故人の好みや趣味に合わせる:供物は、故人の好みや趣味に合わせるのがマナーです。これは、供物は、清潔で新鮮なものを選ぶのがマナーです。これは、供物は、故人への敬意や清らかさを表すとされるためです。供物は、食べ物や飲み物の場合は、賞味期限や保存方法に気をつけたり、本や音楽の場合は、汚れや傷がないものを選んだりします。供物は、故人の遺影や位牌の近くに置くことが多いので、見た目や匂いにも注意しましょう。
  • 供物は適切な量やサイズにする:供物は、適切な量やサイズにするのがマナーです。これは、供物は、故人への思いや感謝の気持ちを表すとされるためです。供物は、食べ物や飲み物の場合は、故人が一度に食べたり飲んだりできる量にしたり、本や音楽の場合は、故人が一度に読んだり聴いたりできるサイズにしたりします。供物は、故人の遺影や位牌の周りに置くスペースにも合わせて、大きすぎたり小さすぎたりしないようにしましょう。

まとめ:家族葬に花を送るか送らないかは遺族の意向に従おう

以上のことを踏まえた上で、最も大切なのは遺族の意向を尊重することです。家族葬に花を送るかどうか、またはどのような形で故人を偲ぶかは、遺族の意向や家族の状況による部分が大きいです。

事前に遺族と連絡を取り、その意向を尊重することが最も重要です。故人を偲び、遺族を敬うためにも、これらの## 家族葬に花を送る場合の注意点と手順とは

家族葬では規模が小さく、参列者も限られるため、送花についても適切なマナーが求められます。ここでは、家族葬に花を送る際の注意点と手順について詳しく解説します。

Q&A

Q
家族葬に花はいらないですか?
A

家族葬に花を送るかどうかは、遺族の意向に従うのがマナーです。
家族葬は、故人との親密な関係を大切にするという趣旨に沿って、参列者やお香典、供花などを辞退することが多いです。そのため、遺族が供花を辞退している場合は、送らないのが礼儀です。もし、遺族が供花を受け入れている場合や、不明な場合は、事前に連絡して確認するようにしましょう。

Q
家族葬で花を贈ってもよいですか?
A

家族葬で花を贈る場合は、遺族の了承を得た上で、控えめなサイズや金額のものを選ぶのがよいです。
家族葬で花を贈る場合は、遺族の意向を尊重することが大切です。遺族が供花を辞退していない場合でも、あまりにも大きなスタンド式の供花や高額な供花は、遺族に気を遣わせたり、設置場所が難しくなったりすることがあります。そのため、籠盛りのフラワーアレンジメントや、10,000円~20,000円程度の供花が適切です。

Q
家族葬でお花を断っても失礼ですか?
A

家族葬でお花を断るのは、失礼ではありません。
家族葬でお花を断るのは、故人の意思を尊重して、家族や身近な知り合いだけで葬儀を行いたいという遺族の意向を示すものです。お花を断ることで、参列者や贈り主に負担をかけたくないという気持ちも表現できます。お花を断られた場合は、遺族の気持ちを理解して、弔意を伝える他の方法を考えましょう。

Q
家族葬に参列しない場合、供花は贈るべきですか?
A

家族葬に参列しない場合、供花を贈るかどうかは、遺族の意向や故人との関係によります。
家族葬に参列しない場合でも、故人との関係が深い場合や、遺族から招待された場合は、供花を贈ることで弔意を表すことができます。しかし、遺族が供花を辞退している場合や、故人との関係が希薄な場合は、供花を贈らない方がよい場合もあります。そのため、遺族の意向や故人との関係を確認して、適切な判断をしましょう。

Q
家族葬に参列する場合、服装はどのようにすればよいですか?
A

家族葬に参列する場合、服装は故人の家族の指定や意向に従うのがマナーです。家族葬では、故人の家族が服装の色や柄などを指定することがあります。これは、故人の家族の好みや敬意を表すもので、故人の家族の意向によって決まります。故人の家族が服装の指定や意向を伝えている場合は、それに従って服装を選びましょう。故人の家族が服装の指定や意向を伝えていない場合は、控えめな色や柄の喪服や礼服を着用するのが一般的です。

Q
家族葬に花を送る場合、いつ送ればよいですか?
A

家族葬に花を送る場合、葬儀の前に送るのが一般的です。家族葬に花を送る場合、葬儀の前に送ることで、遺族が葬儀の際に花を飾ることができます。花を送るタイミングは、通夜や葬儀の前に遺族に会える場合や、葬儀社に預ける場合があります。花を送る際には、遺族に直接渡すか、葬儀社に頼むかを確認しましょう。

Q
家族葬にお花代を渡す場合、いくら渡せばよいですか?
A

家族葬にお花代を渡す場合、10,000円~20,000円が相場です。家族葬にお花代を渡す場合、供花の相場である10,000円~20,000円を白い無地の封筒、または水引がついた一般的な不祝儀袋に入れて渡します。お花代は香典の代わりに渡すものではないので、香典とは別々の封筒に入れて渡しましょう。お花代を渡す際には、ひとこと返礼品辞退の旨を添えておくと、遺族側の負担も減るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました